DTMっておもしろい(上田)

学生であるうちにやれることはやっておこう

そんな感じであれこれ取り組んでいます。上田です。
夏休みなのでまるっと一日休みが2日続いてみたりして。

そんな風に時間が取れると、ものづくり大好きな上田的には
ゴロゴロしているのがもったいなく感じるのです。


外には絶対出ないんですよねえ 
超絶インドア派です。

そんな超絶インドア派が今回試しにやってみたのがDTMです。
いわゆるMIDIの打ち込みとかそういうアレ。
私自身は楽器を吹いたり弾いたりする人なので、
DTMに触れる機会がありません。

ちょうどいい機会なのでやってみました。


オーディオインターフェースを買った時に付いてきた
SONAR X1 LEで挑戦!


【一日目】
起動しても何が何やらわからないので、
とにかくグーグル先生には打ち込みのコツを、付属のヘルプには使い方を相談。

ちまちまちまちまとピアノロールで音程を打ち込み。

【二日目】

前日の続き。
ハモリのパートの打ち込み
最高に頭がおかしくなりそうだったドラムの打ち込み
ちまちまちまちまとベロシティ調整
ちょこっとツマミで各パートの音量

ココらへんで力尽きたので出力。




たった2日で音を上げるとは貧弱め…。

【成果】
・MIDIっぽさの抜けない、いわゆるジャスコやらホームセンターっぽい音ができました。
・腰の痛みを感じました。
・椅子の重要性がわかりました。
・大きな達成感を得ました。
・打ち込みの便利な所とものすごくめんどくさい所がわかりました。
・すごい勢いで時間がすぎるという体験をしました。
(朝8時から始めて、切りのいいとこまで出来た!と思ったら21時)
・お昼ごはんや水分補給を忘れて、フラフラになりました。

伝説のMIDIというものを聴いたのですが、本当に、本当にあの音を作るのには
莫大な時間と労力がかかっているんだなとおもいました。

しかし自分で弾けない楽器が簡単に鳴らせるのはいいなぁと思います。
音源がしょぼいので微妙でしたが、これを機にSONARX2を買ってもいいなと思える体験でした。



今度は生音録音でイコライザーなどに凝ってみたいと思います。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR